生産工程

溶解工程

高周波炉3基、低周波炉2基によりFCD400〜700、FC200〜300をグレード毎に生産し、合金添加により製品に合った適正な材質の作りこみを行っています。

造型工程

当社は全て無枠造型であり、業界最大級の無枠造型機により、最大80kgの製品を無枠造型で生産しております。無枠造型は型の初期費用が安く、少量品であってもお客様の型費の負担を最小限にできます。また小物造型工程は最新鋭の高速、高圧造型機により良い製品を安くお客様に提供させていただいております。

注湯工程

FCD、FCはもとより耐磨耗性、耐熱性の多材質の溶湯を適正につくりこんでいます。さらにトレーサビリティを確実にしてお客様の信頼にお応えしております。

仕上げ、検査、塗装工程

小物製品は鋳仕上げと外形検査を同時に行うトリミングプレスを多用して生産性と品質の向上をめざし、大物製品は鋳仕上げと塗装を一貫して行い納期短縮を可能にしています。

製品評価

多材質の製品をフレキシブルに生産するため適正かつ迅速に品質保証を実現する体制を構築しております。特に耐摩耗性を要求される製品に対しては高いレベルでの品質管理によ顧客満足度の向上を実現しております。

特高受電

特別高圧22kV受電設備設置により、電力供給体制を構築しております。

非常用発電装置

今後想定される震災時の送電停止に対応できるよう、非常用発電装置を設置して減災をめざしております。